放課後等デイサービス(小学生)
放課後等デイサービス(小学生)

放課後等デイサービス(小学生)

なぜ「みらいNO1(みらいのいち)」が良いのか

  • 「みらいNO1」ではお子様の出来ることふやしていくためにも「コンプライアンス」を重要視しています。それは我々、大人(教師・セラピスト)の指示に従うことできるということにほかなりません。指示に従えないお子様には何も教えることができないからです(無理強いさせるということではありません)。
  • お子様が泣いたり騒いだりしたときに言うことを聞いてあげたりしてしまうと、お子様は要求を通すために毎度泣いたり騒いだりしてしまいます。それはABA(応用行動分析)で言うところのお子様の行動(泣いたり騒いだり)を「強化(増加させる)」ということです。
  • お子様が将来的にも支援者に可愛がってもらえるようになるため「コンプライアンス」は大変重要です。行動や情緒に特徴のあるお子様の言いなりになってしまったら「コンプライアンス」は形成できず、ただただ「ワガママ」に育ってしまい、それでは支援者に嫌われる可能性もあります(支援者だって人間ですから扱いづらいと嫌になってしまいます)。
  • 保護者の方がお子様と真摯に向き合おうとして、結果お子様の戦略にはまってしまい、結果「ワガママ」になってしまうお子様が多く見られます。そのようなお子様は思春期になるともっと大変になります。
  • 小学校1年生から「みらいNO1」にこられたとしても「コンプライアンス」の形成に最低1年以上かかります。「コンプライアンス」の形成には早いほどいいです、年長でも遅いくらいです。
  • 「みらいNO1」では株式会社公文教育研究会との契約に基づき、公文式学習導入施設として、教材提供と学習指導のサポートを受けています。
  • 通常の学習塾と違い、お子様の障害特性に精通したスタッフがABA(応用行動分析)をベースに療育及び指導に当たります。
  • 公文式学習ではアカデミックスキルだけでなく、2教科20枚を100点取るまでやるという習慣づけを通じて「集中力」「忍耐力」を養っていくことができます。これはお子様のこれからの人生において非常に有益な要素となっていきます。

対象児童

小学生

※「みらいNO1」の児童発達支援に通われていた児童を最優先としています。

※ADHD(注意欠如・多動性障害)の傾向のあるお子様は「みらいNO1」の児童発達支援に週2日以上かつ1年以上通っていただいた場合のみ受け入れさせていただいております。

概要

  • 送迎応相談(初音ケ丘小、岩崎小、権太坂小はOKです)※保護者の方の送迎で来ていただけると助かります
  • 送迎が間に合わない場合に備えてキッズ利用の申込みをお願いいたします。
  • 給食が無い日や送迎スケジュールが組めない場合はキッズもしくは自宅へのお迎えとなります。
  • 週2日以上の利用必須
  • 営業日と受け入れ可能時間:月曜〜金曜の14:00-17:00 ※夏休み等の長期休暇中も同様 ※祝日、年末年始、夏季休暇を除く
  • 公文式学習の時間は算数と国語で約50分(原則、学校の宿題はやりません、また公文式の宿題は出しません)
  • 学習時間以外は皆でSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)、工作等の創作活動(認知トレーニング及び微細運動も兼ねて)、自由時間等の遊び
  • サービス利用料金(自己負担分約1割もしくは上限額有り)に加えて公文式学習費(月額)とおやつ(日額)が別途かかります。
  • 実際の利用がひと月の契約日数の半分以下の場合は契約終了とさせていただく場合があります(例えば夏季休暇中に帰省して半月丸々休むとかされる場合、体調的に定期的に通うことが困難になってしまった場合などなど)。